ハッピーメール体験談 25歳自称ぽちゃのS嬢との出会い

雨の日に捕獲した自称ぽちゃ 25歳

出会い系サイトハッピーメールの掲示板への書き込みから全ては始まります。 自分のプロフィール画面を充実させ、自分がどんな感じの人間で、何を目的にハッピーメールに登録したかがわかるように細かく書きました。 そして各ジャンル1日1回の無料で投稿できるという特典を利用し掲示板に投稿します。 女性からの反応を見ながらころころと書き込み内容を変えているので、どんな書き込みに食いついてきたのかがわからなくなったのが残念です。 基本的に30代主婦をターゲットにした書き込みをしているので、一度切りの割り切り交際を希望した内容であったことは間違いありません。 もちろんお互いが気に入れば継続的に会いたいとも書きました。 そして自分が既婚であること、K市に住んでいることも書いています。
何人かの女性とメールのやり取りを行いましたが、大半の女性は何度かのメールで返信が来なくなります。 そんな中で残った唯一の女性がS嬢だったのです。
25歳で自称ぽちゃ。独身です。コンビニでアルバイトをしているとのことでした。 そしてさらに数回メールでのやりとりの後、会うこととなったのです。
まじめで紳士なメールを送り、会ってみて自分の事を気に入らなかったら潔く帰ります、とも書きました。 迷っている彼女に強引な理由付けでイエスと言わせたのです。 それは、必ずこちらが待ち合わせ場所に先に行き、こちらの容姿や服装、車の車種も全て伝えます。 さらに、S嬢のことは深く詮索しません。服装も聞きませんでした。 遠めからでもこちらを確認してもらい、気に入らなければそのまま帰っても怒りませんよ、というメールで会うことが決まりました。

外は冷たい雨ですが女性の気の変わるのははやいですから、明日などと言っていると気が変わって逃げられてしまいます。 今日と決めたら今日行動します。鉄は熱いうちに打て!という鉄則は出会い系サイトにも当てはまるのです。 家を出る前にシャワーと歯磨きをちゃっちゃと済ませます。最低限のエチケットですね。
待ち合わせは彼女の家から近い某駅。 車で30分ほどかかります。 到着メールをハッピーメール経由で入れ、彼女の審判を仰ぎます。 人が比較的少ない場所を指定したのですが、所詮は駅。 多くの人が行き来します。 でも服装と特徴は伝えてあるので、おそらくどこかからどんな男性なのか見てることでしょう。 そして頃合をみてハッピーメール経由でメールします。 「どう、私の事を確認できましたか?」と…
25歳 自称ぽちゃS嬢 メールしたかしないかのタイミングで彼女登場!  にっこりとするS嬢の第一印象は、25歳にウソはなさそうです。 そう太っているようにも見えませんでした。 言葉遣いも丁寧な普通の子です。 話は決まっているのですが、「本当にホテルでいいの?」と確認する気弱なオレ。 まだ出会い系サイトで女性と会う、ましてやエッチの約束で会うことなど初めての経験です。 半信半疑で聞いてみたのです。
「うん、いいよ」と小声でいうS嬢。 心の中でラッキーとガッツポーズ♪
それこそ気が変わらないうちにと車で15分ほどのホテルへ入ります。 適当な空き部屋をチョイスし、とりあえず一息付きます。ふぅ~
でも、こんなに簡単に知らない女性とホテルに来てしまっていいのだろうか? 怖いお兄さんがあとから出てくるのか? などと想像したりしてました。
が、そんな事は顔に出さずにS嬢とたわいない話をしているうちにお湯が貯まります、そして一緒にシャワーに入ります。
だって、一人でシャワー入ってる間に財布盗まれるとか普通考えるでしょ。彼女もOKしてくれたし…
そしてこの時に自称「ぽちゃ」はウソではなかったことを確認してしまうのです。いや、ぽちゃという表現が正しいのか? 明らかにデブでした(汗)
上の写真ではそれほどと感じない方が多いと思います。私だって脱ぐまではそう思っていましたから。ところがデブはデブなりの心得た服装なんでしょう。身体のラインを完全に隠していたんですね。私って脱ぐとすごいんです!なんていう昔のCMを思い出してしまいましたよ、とほほ…。
浴槽の横幅にぴったりフィットサイズで、彼女が浴槽の2/3、そして私が残り1/3のスペースに申し訳なさそうに入ります。キツイですが、なんとか混浴できました。
一般的な体験談報告サイトでは、地雷と表現されるであろうS嬢ですが、私は大丈夫なのか? ちょっと不安がよぎります。
しかし、彼女は間違いなく男性に抱かれたいと思う女の子であり、そして私を選んでくれたのです。 そう思うとデブもかわいいもんです。(←デブはやめろって) 強引にでもそう思い込まないと…以下自制。
話は合うので30分以上湯船に浸かってました。きつかったですが…。
身体を十分に温めることは性感を高める大きな要因です。彼女は既に準備OKで、ベッドに入り行為が始まったとたんに大洪水となり、手と口だけで何度か天国へ行かせてあげました。楽ちん楽ちん!
しかし一抹の不安が私の頭をよぎります。それは、私の手が女性器本体へたどり着いた状態の時、こぶし1/3が何かに包まれているのです。大陰唇が異様に発達している、というか、脂肪で厚みがあるのです(爆!)
この不安は的中し、ゴム着けて挿入したのですが奥まで入りません。足を広げて、さらに周辺部を手で押し広げてやっと挿入間があります。普通の体位に戻ると、また大陰唇に押し戻されてしまいます。こんな経験は初めてです。当然バックからは入れませんでした。おしりの肉で届かないなんてことになったら笑えません。こんな書き方したら、彼女のお肉が全ての原因のように思われてしまいますが、根本的な原因は私のサイズ不足です(ほっといてくれっ!)
それでも彼女は感じてくれて満足してくれたようです。
行為後の混浴では1時間近くしゃべってしまいました。温泉気分です、せまいですが(をぃ)
そして待ち合わせた駅まで送り帰途につきました。
今回の経験で太っている方相手のSEXのテク不足を感じてしまいました。後から考えていろいろとやり方を思いついたので次回チャレンジしてみます。ちなみに我が夫婦は2人ともスリムなのです(笑)

S嬢が良くも悪くも、一般女性とで出会い系サイトで会い、そして即行でホテルへ行ってしまう。こんなことが簡単にできてしまう出会い系サイトに正直驚きました。あとから振り返ると、何人もの女性とメール交換をしたんで、簡単に、というには語弊がありますが、後々のことをいろいろと想像しながらのメール交換は楽しかったこともあり、苦労とは感じませんでした。
自分の運と行動力、そしてハッピーメールに感謝しました。


男の自信 包茎治療 仮性包茎


サクラなし、やらせなしの健全運営、安心の出会い系サイト


本気で会うならワクワクメールははずせない


シニア、中高年


inserted by FC2 system